jirei-shotokuzei-zeiamu

 株式(非上場)を、1 個人から個人へ ・2 個人から法人へ ・3 法人から個人へ ・ 4 法人から法人へ、それぞれ低額譲渡した場合の課税関係はどうなるのか、ケースごとに教えてほしい。
 株式(非上場)を個人から法人に低額譲渡した。この場合はみなし譲渡課税が適用され、「その時における価額」により譲渡所得を算定する必要があるが、「その時における価額」は具体的にどう計算するのか。
 法人が株式(非上場)を時価より低い価額で譲渡すると有価証券譲渡益に対して法人税が課税される。この場合の「時価」はどう計算すればよいのか。
 オーナー一族が100%株式を所有している非上場の会社だが、この度オーナーの長男に第三者割当により新株を引き受けさせ増資をすることにした。身内による引き受けなので有利発行とするが、この場合の課税関係はどうなるのか。
 夫の死亡により、長期間居住していた土地と建物を相続してそのまま居住していたが、相続した1年後にこれを賃貸に回し自分は長男夫妻と同居した。その後、この財産を5,000万円で売却したが、この場合譲渡所得の3,000万円の特別控除と軽課税率の適用は受けられるか。
 甲はアパート2棟を経営している。2棟は、それぞれ甲の有するA土地(500㎡・5,000万円)の上に建設されたものである。  このたび甲は、このA土地と建物を、乙の所有するB土地(300㎡・3,000万円)及び建物と交換することにした。双方の建...