会社決算、法人税・消費税申告 119番

ご相談ください 決算と申告、まだ間に合います!

「ながい事務所です」と電話に出たら、「ホームページを見て」とお伝えください。随時ご相談承ります。


申告期限まであとわずか。多忙でまだ何もやっていない。

 

法人税・消費税などの税務申告、まだ間に合います!

 

今期の決算を乗り切って、来期こそ月次決算を実現しよう!

☆ 会社の申告は、決算日から2カ月以内。遅れると会社に不利益が! ☆
   期限までに申告しないと、加算税・延滞税ばかりか、最悪で青色申告取り消しも・・・。   

 

日々の営業や、資金繰りで多忙!お気持ちはよくわかります。

でも、法人税や消費税は、期限までに申告書を税務署に提出しないとペナルティが待っています。期限までの申告を怠ると、最悪の場合青色申告取消しという事態にもなりかねません。

まずは、ご相談ください。とにかく今期は何とか形をつくりましょう。そして、来期こそは本当に経営に役立つ経理を実現しましょう。

 

 

- 決算・申告、まだ間に合います!

無料電話相談、随時OK!

📞03-5952-0313

 


☆ 期限内申告は、絶対必要!万難を排してでも期限内に申告しよう ☆
   期限までに申告しないと、金融機関の信頼も失われます。   

 

でも現実は、こんな状態では・・・! ?

 

1.法人税の申告期限まであと1か月。まだ 何もやっていない 。  

2.法人税はどのくらいになるのか、 見当もつかない 。      

3.銀行から決算書の提出を求められているが、手を付けていない。  

4.税務署から送られてきた書類を 開封もしていない。       

5.毎年こんな事でよいのだろうか、もっとしっかりやらなければ。  

 

 

大至急 次の書類をご用意ください。

 

申告期限を過ぎると、会社に不利益が発生します。

    

 

① 前期の決算報告書と申告書及び会社の登記簿謄本

 

② 請求書、領収書、預金通帳、賃貸借契約書など

 

③ 会社設立時に税務署に提出した各種届出書

 

④ 税務署から送られてきた申告関係書類一式

 

    

まずは、当期の決算を乗り切りましょう。

 

そして、来期こそ!

 

そして、来期こそ経営に役立つ決算の実現を!

 

-私たちの得意分野です-

★ 当期の決算が終わったら、経営に役立つ経理を構築します。

今期の決算が終わったら、来期の経理の方針を立てましょう。経理方法は会社によって様々です。

経理の方針を立てるには次の項目がポイントになります。

        

 

①会社の経理をだれがやるか?社長?奥様?従業員?

②会計ソフトは何を使えば良いか。

③消費税の経理処理は、税抜?税込み?

④役員報酬をいくらに設定するか。

⑤役員に賞与を支給する予定があるか。

⑥毎月の給料計算はどのようにするか。

 

       

毎月経理を行い、毎月の利益を把握できてこそ、経理は経営にとって有益なツールになるのです。

毎月の経理が行われていなければ、決算予測もできず、節税対策などできるはずがありません。

 

★ 会社の実情に合わせたオーダーメイドの決算をご提案します。

       決算書作成の過程では、担当者がお客様と連絡を取り合って、情報を交換しながら業務を進めます。

丸投げ(丸受け)方式の決算では、情報不足で正確な決算が組めないばかりか、お客様との信頼関係が生まれません。 

 

 

  ★ 様々なご質問やお問い合わせに迅速な対応が可能です。

私たちは、お客様と会計データを共有することを前提としています。

平成12年からお客様との間でネットワーク会計を構築しており、

お客様のPCと会計データを常に共有しているため、どのような質問やお問い合わせに対しても迅速な回答が可能です。

- 決算・申告、まだ間に合います!

無料電話相談、随時OK!

📞03-5952-0313