jirei-souzokuzei-hyouka

 当社は非上場の会社だが、社長が死亡したため保険会社から生命保険金10,000千円を受け取り、これを原資として社長の遺族に死亡退職金3,000千円と弔慰金500千円を支給した。尚、この保険は定期付終身保険であり、社長死亡時において貸借対照表には保険積立金1,000千円が計上されていた。この場合、当社の株式の評価に当り純資産価額(評価明細書第5表による)はどのように計算するのか。                            生命保険金      10,000千円                            保険積立金       1,000千円                            死亡退職金       3,000千円                            弔慰金          500千円