社長は無利息で会社に資金を貸している。問題はないか。

社長は多額の運転資金を会社に貸しているが、会社は社長に利息を支払っていない。問題はないか?


問題はない。


 社長が会社に運転資金を貸付けることは、オーナー企業の場合日常的に行なわれると言ってよい。個人は法人とは異なり、必ずしも利益を目的として行動するとは限らない。したがって、個人である社長が無償で会社に資金を貸付けたとしても、社長において貸付金に対する利息が認定されることはない。

 また、社長が会社から利息を取った場合には、会社は利息を損金として処理して差し支えないが、社長は確定申告の際、利息を雑所得として申告をする必要がある。

 

 しかし、逆に会社が社長に資金を貸付けた場合は問題がある。会社は、本来利益を目的とするものあるから、無償で社長に貸付けたとすると会社は貸付金利息を認定される。

 

 税務調査で利息を認定されないためには、会社は低利で良いから毎期一定の利息を計上しておく必要がある。利息の計算は、各月末日の貸付金残高に利率を乗じる簡便な方法で十分である。

上記の記述は、2012年3月31日現在の法令・通達等に基づいています。その後の税制改正や個別事情等により、異なる課税関係が生じる場合がありますのでご注意ください。

2012.3.31

認定経営革新支援等機関

ながい いたる税理士・会計事務所

税理士  永井   格

事務長  山川  健次


所在地:東京都豊島区東池袋1-17-3-706

TEL:03-5952-0313

 

JR池袋駅東口から徒歩3分、ヤマダ電機から1分、一階にファミリーマートがあるビルの7階です。


▶︎事務所の詳細はこちら