NEWS

無料電話相談随時OK!ご相談はこちらから
平成30年度の税制改正で、これまでの所得拡大促進税制が改組され、「賃上げ・設備投資促進税制」が創設されました。新税制では適用要件が大きくが簡略化されており、特に「平均給与等支給額」の煩雑な計算から解放される実務的なメリットは大きいと言えます。
無料電話相談随時OK!ご相談はこちら
平成29年度の税制改正では、「雇用者給与等支給額が増加した場合の法人税額の特別控除制度」(所得拡大促進税制)について見直しと拡充がされています。
無料電話相談随時OK!ご相談はこちらから
ビットコインの取引数量は増加の一途をたどり、今や1ビット当たりの単価は30万円を超えています(平成29年6月10日現在)。平成28年に改正された資金決済法により、ビットコインなどの仮想通貨は「支払い手段」と位置付けられたため、ビットコインも一般の通貨と同じように、いわば通貨としての市民権を持つことになりました。
無料電話相談随時OK!
平成28年度の消費税の改正で、1000万円以上の高額特定資産の仕入れ等をすると、その後2年間は免税や簡易課税の適用を受けることができなくなります。
無料電話相談随時OK
 平成28年1月1日以後、法人が支払いを受ける預金の利子等から差引かれる住民税利子割が廃止されました。低金利のもとで預金利子自体が少ない上に、少額の利子割の計算に要する事務コストを考えると、とりあえず歓迎すべきことといえるでしょう。
無料電話相談随時OK
従来は、海外から購入する電子書籍等やグーグルアドワーズの広告など、インターネットを介したサービスについては消費税がかかりませんでした。
無料電話相談随時OK
マイナンバー制度の導入を目前に控えた今、会社は何をすればよいのでしょうか。
無料電話相談随時OK
平成25年度の税制改正で、「雇用者給与等支給額が増加した場合の法人税額の特別控除制度」(所得拡大促進税制)が創設されましたが、、平成26年度の改正でこの制度が拡充され、さらに多くの法人が適用を受けられるようになりました。新制度は、平成26年4月1日以後に終了する事業年度から適用されます。
無料電話相談随時OK
 これまでは、不動産業を営む方が消費税の簡易課税を選択している場合は、消費税の計算をする上で「第5種事業」として、50%のみなし仕入率が適用されてきました。...
無料電話相談随時OK
平成26年4月1日以後開始する事業年度(平成27年3月決算)から2年間は、資本金1億円以下の中小法人については、交際費等の額が800万円以下であれば全額損金の額に算入できます。

さらに表示する